金髪が似合わない人の特徴と似合わせる方法

Pocket

ブリーチ くせ毛丸

金髪が似合わない人はどうすれば似合うのか...金髪にもスタイルがいろいろあるって本当だろうか...金髪は日本人には合わないヘアスタイルなのかなあ

とお考えの方へ

今回は

・金髪が似合わない人はどんな人なのか

・金髪の種類やヘアスタイル

・金髪をに合わせる方法

についについてまとめました!

から好きなところに飛べます

スポンサーリンク

金髪が似合わない人の特徴

金髪は肌が白くないと似合わない?

金髪は肌が白い方が似合うヘアスタイルであるというイメージがあると思います。

もちろん色白な人はハイトーンなカラーが似合いやすいですので金髪も似合わせやすいです!

しかし、決して肌が白くないからといって似合わないとは限りません。

後述しますが、色のトーンによっては肌が白くなくても金髪を似合わせることが可能です!

金髪の似合わない人は顔が平坦?

やはり、金髪といえばヨーロッパや欧米の人のヘアスタイルというイメージがあると思います。

鼻が高く、彫りが深い。そして、顎が出ていてEラインが綺麗。

確かに、平坦な人より上記のような特徴の人の方が似合うスタイルですね。

一方で顔が平坦な人の場合、

髪色を金髪などのハイトーンにしてしまうと、髪の色の主張が強すぎて、顔の薄い印象とアンマッチなため似合わないことが多いです!

ちなみに、白人の多くの方は地毛が茶色なので、金髪の方の多くは髪をブリーチしています!
髪の根本や眉毛の色を見てみると簡単に天然のブロンドなのか判別できますよ!

金髪にも種類がある?

金髪と言っても、白に近いようなヘアスタイルから黄色っぽいもの、ヤンキーのような茶色やオレンジっぽいもの、そこに髪の長さやパーマの有無など幅広いスタイルが存在します!

つまり、どのヘアスタイルの金髪にするのかによって似合ったり似合わなかったりするわけです!

金髪が似合わない人に試してみて欲しいこと

金髪の色合いを変える

というわけで、先ほど説明した通り、一口に金髪といっても、色々と種類があり、似合う似合わない、というのも、どのようなヘアスタイルするかによって変わってきます!

例えば、顔が濃くなく色白の方は黄色っぽい金髪よりも、白に近い金髪の方が僕は似合うと思います!

くせ毛丸

僕が金髪にしていたころは、このくらい白っぽい時もありました!

若気の至り…(大学生当時)

逆に、肌が黒っぽい人は色が濃い金髪がおすすめです!

金髪が似合わない人はこのような自分に合う金髪を選んでいないのも特徴として挙げられますね。

髪の長さや髪型を変える

例えば、顔のパーツ平坦な人は、金髪にしたいのであれば、長めのスタイルがおすすめですよ!

例えば、元NEWSの手越祐也さんは、別物すごく顔が濃いわけではありません。しかし、髪の長さを長めにすることによって、前髪などで、顔の薄さを補正し、金髪が似合っています!

一方でEXILEのSHOKICHIさんは短髪が似合っています!

スポーティな印象を与えたい場合彼ぐらいの顔の濃さがあれば短髪が似合います!

また二人とも、肌の色と髪のトーンが合っていますね!

このように、髪の長さも金髪を似合わせるための重要な要素であり、各々に合うスタイルにしていかなければなりません!

化粧をする

どうしてもハイトーンな金髪を合わせたいけれども別に色白ではないという方は化粧や日焼け止めで肌を白く見せることによりに合わせるという荒技もあります

他にも、カラコンを使ったりして顔のパーツを強調させることにより、さらにハイトーンの金髪をに合わせることができます!

金髪が似合わないのは眉毛のせいかも…

こちらの記事でも解説していますが、やはり、金髪に限らず髪を染めるなら眉毛も染めた方がいいです!

↑の二宮和也さんは金髪にしていたとき、似合っていないと有名でしたね笑

眉毛だけが黒いままだと、その部分が目立つうえに、髪の色とアンマッチなため、似合わなく感じてしまうわけです!

眉毛の色は必ずしも髪の色と同じでなくても構いませんが、まつ毛と髪の色の中間くらいの色がよくマッチします!

まとめ:金髪が似合わない人の特徴と似合わせる方法

金髪が似合わない人の特徴

・髪の長さが似合っていない

・金髪のトーンが肌と合ってないため似合わない

・眉毛を染めていない

上記三つを意識すれば金髪が似合わない人はだいぶ改善されると思います!

結局は似合う似合わないというのは自己満足になるのかなと個人的には思っています。

たとえ似合っていなくても本人がいいと思えればそれでいいわけです。

ただ、周りによく見られたいのであれば上記を参考に自分に合ったスタイルを確立していただければしていただければ幸いです!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました