飲食店バイトのメリットとデメリット

スポンサーリンク


スポンサーリンク

皆さんは飲食店でバイトをしたことはありますか?

中華料理、居酒屋、イタリアン、牛丼、ファストフード  etc

いろんなジャンルがありますね!

ちなみに僕は昔バーミヤンでバイトをしていたことがあります。

飲食店なのに、当時高校生なのもあってか時給はたったの780円でした笑

今回はそんな飲食店でバイトをすることの特徴やメリット、デメリットを解説していきたいと思います。

目次

仕事内容

メリット

デメリット

飲食店バイトのメリットとデメリットまとめ

仕事内容

ぱくたそ

仕事の内容は主に二つに分類されます。

1、キッチン、厨房業務

文字通りキッチン、厨房で料理を作ります。中にはレンジで温めるだけのところもありますが、もともとカットされている野菜や肉などをその場で加熱して調理したりすることが多いです。 

文字通りキッチン、厨房で料理を作ります。中にはレンジで温めるだけのところもありますが、もともとカットされている野菜や肉などをその場で加熱して調理したりすることが多いです。 

ちなみに僕の働いていたバーミヤンでは、もともとカットされていた野菜を使っていましたね。

ソースの分量などもそれぞれ決まっているのですが、盛り付けの際の見栄えなどは作った人の腕次第です。

2、ホール、接客

お客さんに注文を聞いたり、料理を運んだり、会計などをしたりします。こちらは厨房とは違い、お客さんに見られるので、髪形やひげなど、清潔感がある方方が多いです。 

ちなみに、キッチンとホールの両方をやらないといけないお店もあります。

ex 居酒屋、ファストフード店など

メリット

ぱくたそ

1、時給がいい

やはり激務なところが多いため、たいていのところは時給がいいです。深夜帯の場合は、お客さんが少ないうえに時給がさらにいいのでおススメです。 

2、賄い

賄い制度があるところはタダでおいしいものが食べれます!

賄い制度がないところでも、割引などが使えるところが多いです。やはりこれは飲食店ならではの特権といえるでしょう。

3、出会いが多い

若い学生などが多い傾向があります。実際、バイト先の人と交際に発展するということも少なくはないでしょう。

デメリット

ぱくたそ

1、激務なところが多い

皆さんのイメージ通り激務なところが多いです。

ランチの時間帯やディナーの時間帯は、キッチンの人はひたすら料理を作っていることが多いですし、ホールの人はずっと歩き回ることになるでしょう。

2、シフトがきつい

ちゃんと自己主張しないとシフトをたくさん入れさせられてしまいます。入ってなくても入れないか相談されることなどもあります。 

あまりにもひどい場所なら辞めてしまっていいでしょう。

3、においと汚れ

高確率でにおいが服や体に移ります。きっちいん業務ならなおさらでしょう。

また、油を扱うことが多いので、体が油まみれになることも多いです。

飲食店バイトのメリットとデメリット:まとめ

どんなバイトもそうですが、やはり場所や人にもよると思います。気になる店があったらあらかじめ訪れて雰囲気を確かめてみるのもいいでしょう。その際は、ランチやディナーの時間などに訪れたほうがより明確にわかるでしょう!

スポンサーリンク

[Total: 0    Average: 0/5]

コメント

タイトルとURLをコピーしました