ホワイト企業の探し方!失敗しない会社の選び方とは?ブラック企業の見抜き方

Pocket

ホワイト企業の探し方は?就活で失敗しないために?アットホームとかフラグですよね...ブラックな会社には就職したくない!

記事のポイント

・BtoBの業界に絞って探すのが手っ取り早い

・募集要項をよく見るべし

・Openworkなどの情報サイトやときにはSNSも使ってみる

スポンサーリンク

ホワイト企業はどんな会社のことか

くせ毛丸 疑問

ホワイト企業とは満足度の高い働きやすい職場環境を提供できる企業のことで、従業員に対する思いやり(気遣いや配慮)に優れています。

辞典や専門機関によってホワイト企業の定義は違いますが「働きやすい企業」だとイメージしてもらえればと思います。

ホワイト企業の定義

・社員の待遇や福利厚生などが充実し、数ある企業の中でも働きやすさにおいて特に優れている企業。出典:日本の人事部

・待遇面での差別がなかったり、福利厚生が充実していたりするなど、従業員にとって働きやすい企業。出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)

・従業員にとって良好な職場環境が確保されている企業。特に、若手社員や女性社員の満足度が高く、離職率が低い会社をいう。ブラック企業に対する語。出典:デジタル大辞泉(小学館)

・ホワイト企業とは、お客様からの信頼、従業員満足、適正な利益・成長のバランスがとれ、アイディアに溢れ競争力があり人々から愛される“強い組織”です。そして何より、「家族に入社を薦めたくなるような会社」です。出典:財団法人日本次世代企業普及機構(ホワイト財団)

・ホワイト企業(ホワイトきぎょう)とは、就職活動を行うに際して、入社後に福利厚生が整っていたり離職率が低いなどから入社することが好ましいとされている企業。出典:Wikipedia

ホワイト企業の特徴とは?

「ホワイト企業 フリー画像」の画像検索結果

ホワイト企業の特徴をざっくりまとめると以下のようになります

・残業代がちゃんと出る

・残業が少ないことが多い

・パワハラやセクハラなどのハラスメントがない

・給与や福利厚生が満足のいくものである

・休日がしっかりとある

・有休を普通にとれる

・人事評価が適正

他にもあるかもしれませんが、新卒つの就活生が求めているのは大体、働く時間はなるべく少なく、お金はある程度もらえて、休日もたっぷりととれる。

プライベートと両立できるような会社ではないでしょうか?

実際僕もそれをイメージして就活をしていました。

ホワイト企業のおすすめな探し方

「就活情報サイト」の画像検索結果

ホワイト企業の多い業界に絞って探す

マイナビやリクナビで会社の残業時間や休日日数などを絞って探す方も多いと思いますが、それだけでは不十分です!

普通に嘘の情報を載せている会社も多いです

小売り業界や飲食業界、不動産の営業など、これらの会社はブラックな環境なことが多いです。

おすすめはBtoCではなくBtoBの会社、メーカーやエネルギー系の会社です!

ただし、メーカーのなかにもBtoCも兼ねてるところとかがあるので気を付けましょう!

固定残業代制度を採用していない会社を探す

募集要項をよく見て探すことは本当に大事です!

例えば、↑の会社を例に見ますと、固定残業代30時間というものがありますね。

これを言い換えると。30時間は残業代を出さないということです

月収20万のA社とB社があるとして、A社は、固定残業代を込みで、B社は採用していなかったとすると、

同じ30時間の残業がどちらにもあった場合、

A社は20万そしてB社は20万と別で残業代が出るということになります。

平均勤続年数が長い会社を探す

平均勤続年数が長い会社に絞って探すのがおすすめな理由は簡単です!

長く勤めているということは、その会社は長く勤めたくなるほど居心地がいいということです!

つまり、多くの社員が転職などをせずに会社に勤め続けているため、平均勤続年数や平均年齢が高くなるのです!

ベンチャー企業なら仕方ないかもしれませんが、平均勤続年数が20年を超えるような会社を探すことを推奨します!

新卒者の離職率が低い会社を探す

新卒の離職者が少ない会社を探すのも大事です。普通に考えたらわかると思いますが、すぐに辞めたくなるような会社はもう御察しって感じですよね。

僕ももしブラック企業に入ってしまったらすぐに転職を考えます。

また、そういう会社は毎年大量募集をかけていたり採用までの道のりが簡単だったりします。

完全週休二日制の会社を探す

完全週休二日制の会社に絞って探す方が効率はいいです。

メーカーの場合シフト制などで完全週休二日ではない場合もあるので一概には言えないですが、普通の週休二日制を採用している場合、週に二日休みを必ずとれるとは限らず、ひどい場合は週に1日しか休みがないなんて言うブラックな会社もあります。

さらに目星をつけた会社の情報を探す

会社情報を転職情報サイトなどから探す

https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000Frfj

オープンワークなどの情報サイトから会社の情報を探して調べましょう!

ただし、こちらの評価の数字はあまり当てになりません

というのも大手企業ほど口コミが集まりやすく、評価が高くなる傾向があるからです

例えばの未来工業という会社は日本一ホワイトな会社として夢いですが、評価は3.8しかないですね。

しかし、実際は休日数は140日越え、有給は別で年に40日など、ものすごいホワイトな会社です!

また、会社の情報を調べるのにOpenworkが一番おすすめですが、転職会議や就活会議などのようなその他の情報サイトの情報とも比較してみるのをおすすめします。

これらの情報サイトをいろいろと見て参考にするのがいいでしょう!

SNSで会社の愚痴などを探す

「エゴサ フリー」の画像検索結果

SNSで目星をつけた会社の愚痴などがないか検索して探してみましょう!

例えば社員の方が転職を考えているなんて言っていたら要注意です。

また、その人の投稿の時間や頻度などによって何となくライフスタイルがつかめると思います!

例えば、僕が見つけたホワイト企業に勤める社員の人は夕方5時半過ぎからゲームをして遊んでるつぶやきをしてました(笑)

まとめ:ホワイト企業の探し方!失敗しない会社の選び方とは?ブラック企業の見抜き方

・ホワイト企業はメーカーやエネルギーなどのBtoBの会社に多い

・求人の味方にコツがある

・情報サイトやSNSでリアルな声などを探すのも良い!

コメント

タイトルとURLをコピーしました