青木さん(仮名)という職場にいたおじいちゃんの話

Pocket

スポンサーリンク

青木さんという癖の強いおじちゃんがバイト先にいた。

僕がコールセンターでアルバイトをしていた時、とにかく癖の強いおじいちゃんがいました…

とにかくキャラが濃くて、家で真似をしていたら家族みんなで真似をするようになってしまいました…

てかもう他のバイト辞めて二ヶ月立つんですけど…

青木さんの影響力の強さ…

青木さん(仮名)という人物について

青木さんのプロフィール

年齢:60代後半

身長:180センチくらい

好きなこと:晩酌・占い

くせ:喉のたんが絡むこと…

私、青木と申します。お世話になりますっ

青木さんの周りの人からの評判

うるさいし汚い

彼はよく仕事中に咳をしてたんを吐きます…

汚いですね…

しかも結構うるさいんですよ!

大きな音を立てて

「かーっぺ🤮」とやっています…

くしゃみをする時も

“はーくしょーん”

って感じです。

彼の音が電話に入るのでなぜか僕が謝罪をする羽目になったことも何度かありました笑

青木ロジックは誰も理解できない

トイレにて

ある日休憩時間にトイレに行ってたときのこと。

(おしっこ中)

バタン(ドアの開く音)

(うわ、青木さんだ)
お疲れ様です。

お疲れさん!かーっぺ🤮

(タンを吐く音を挨拶の一部にして来やがった…)

人間の癖について語ってる時

人間っていうのはみんな癖があるからね!
くせ毛丸さんはよく髪を触るでしょ?

確かにそうですね。

そうそう、落ち着くんだよな!
僕の癖はたんが絡むこと

(違う!それは癖じゃ無い)

電波な青木さん

青木さんとテレパシー

僕のバイトしていたコールセンターは休憩中に外に出て日光浴ができました。

ある日、休憩が終わって戻って来た青木さんは

太陽とお話しして来た

えっと、それは何か言葉を交わすみたいな感じですか?

いいや、脳内に直接語りかけてくるんだよ!

宇宙の時代…

ある日コロナウイルスの騒動にあやかってマスクの転売をする人がいるということを話していたのですが、、、さすがは青木さん。マスクから宇宙まで話を広げました。

これは僕と青木さんの実際の会話の音声です!

まとめ:青木さん(仮名)という職場にいたおじいちゃんの話

青木さんはいろんな意味でキャラが濃いので今後も使っていこうかなと考えています笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました