ビジホで清掃のバイトをした時の話

スポンサーリンク


スポンサーリンク

どうも!くせ毛丸です!

僕はいろんなバイトを今までにしてきました。

今回はその中でビジネスホテルの清掃のバイトをしていたときの話です!

目次:ビジホで清掃のバイトをした時の話

1.ビジホ清掃の仕事の内容

2.良かったこと: メリット

3.悪かったところ:デメリット

4.まとめ:ビジホで清掃のバイトをした時の話

1.ビジホ清掃の仕事の内容

大まかにまとめると

・室内の清掃

・ベッドメイク

・アメニティの補充

この三つに分類されます。

働く時間に応じて何部屋を掃除するのか割り当てられており、いかに一部屋の時間を抑えるかというのが大事です。

また、ただ早くやればいいわけではなく、掃除した部屋にチェックも入るので、細かいところまで掃除が行き届いていないと注意されます。

室内の清掃

まず、タオルやシーツなどのリネンを全て部屋から出した後、テーブルや使ったコップ、トイレ、バスルームを掃除します。

特にバスルームの(バスタブ)の清掃が厄介です。

というのも、基本的に掃除した後、水滴が残っていてはいけません。

また、髪の毛が残っていたりしてもダメです。

これがかなり残りがちで注意されることが多かったですね。

また、コップが別の場所に置いてあるのに気づかなくてせっかく洗って拭いた洗面をまた再度使ってから拭き直すなんてこともありました。

ベッドメイク

これは慣れればだんだんと早くやれるようになりますが、慣れるまではかなり苦戦しました。

しかも、これもこの写真のようの少しでもシワがあったらやり直しです。

また、シーツを剥がすときに冬場はピカチュウの10万ボルトのごとく静電気が襲ってきます。

これは冗談抜きで火傷する場合もあります。

シーツやタオルを持って移動することが多いのですが、これがまあまあ重いため何部屋もやるとかなりな重労働になるわけですね。

2.良かったこと: メリット

ぶっちゃけかなりの肉体労働なので、消費カロリーが大きく、ダイエットにはなります。

毎日ラーメンを食べても太るどころか痩せていきました(笑)

また、僕の働いていたところではありませんでしたが、帝◯ホテルなどのような一流ホテルだとチップがもらえることが多いそうです。

3.悪かったところ:デメリット

とにかく肉体労働だから疲れる…

当時、休憩なしで10時から15時半までの労働時間で終わった後、昼食を食べてすぐに授業だったので、授業中眠くてたまりませんでした。

福利厚生もこれといって目新しいものはありません。僕のところは交通費は支給してもらえました。

また、時給も良くはなかったです。当時は950円でした…

また、基本的に仕事は朝から昼過ぎまでの間でした。

そのため、夜しか働けない人には厳しいですね。

働いている人はお年を召された方なんかが多かったので、出会いはないに等しいです。

出会いを求めてる方々にはカフェなどのバイトをお勧めします。

4.まとめ:ビジホで清掃のバイトをした時の話

どうせやるなら帝◯ホテルなどのような一流ホテルをお勧めします!

その辺のビジホより時給もいいですし、チップがもらえる可能性も高いです。

スポンサーリンク

[Total: 0    Average: 0/5]

コメント

タイトルとURLをコピーしました