約4年EFが留学の資料を送り続けてきている件、見積もりの落とし穴

スポンサーリンク


スポンサーリンク

どうも、くせ毛丸です!

実は僕は昔カナダへの留学、もしくはワーキングホリデーを志していました。

志していた当初、どこかの見積もりサイトで留学やワーキングホリデーに行く際の資料請求をしました。

今はもう留学もワーキングホリデーもしようとは全く思っていないのですが、

未だに定期的に資料が届きます。

こんな感じのサイトだったかなぁ。

まあ、どのサイトもこんな感じなんでしょうけど、資料を送るだけなら普通は電話番号なんていらないはずです。

これは留学などのの資料請求に限ったことではなく、何かまとめて見積もりを取れる系のサイトとかは基本的に番号を入力したら最後、電話営業が来るようになります。

僕はテレアポのバイトをしてるのですが、電話をかける相手は全員この落とし穴に見事にはまってしまった方々です(笑)

営業電話がかかってきたときの記憶

当時、申し込みをした後、電話がかかってきました。

ネット情報によると、割と安い値段でワーキングホリデーには行けるとのことでした。

しかし、電話の主は

「だいたい、低くて100万から200万くらいかかるんですよ」

僕「はい?」

これはですね、テレアポのバイトをしてる今の自分ならわかります。

オペレーターは基本的に、なるべく高い料金の案件のアポを取るように言われております。

その方が仲介料金を高く取れたりですとか、登録してる業者も安い案件は欲しくないからなどが理由ですね。

僕「それって現地でバイトとかしたらもっと安くなりますよね?」

オペレーター「いえ、現地でバイトとかをしていただいてそのくらいかかります」

どっかのサイトで、現地でバイトとかすれば30万くらいでカナダはワーキングホリデーに行けると聞いたのですが…

その後、資料だけが欲しかったのにいろんな業者から電話が来るようになりました。(全部断って今はもうかかってきませんが)

そして時は流れ四年たった今、このEFという会社は未だに諦めずに資料だけは送ってきます(笑)

まあ、ちょっとだけ中身を拝借

ボストン
シアトル

いやあ、高いですねえ…

そして何よりびっくりなのはカナダについては何も載ってませんでした(;´ェ`)

もう、当時のことを忘れてるのか、過去に問い合わせたことがある人に無造作に送っているのか…

金持ちはいいんじゃないだろうか?

結局こういうのって、金持ちの方は値段とか気にしないから、条件に合うところを見つけやすくていいんじゃないでしょうか?

とは言ってもそんな人は滅多にいないわけでして…

と現在テレアポのバイトをしてるくせ毛丸は思うのでした。

まとめ:約4年EFが留学の資料を送り続けてきている件、見積もりの落とし穴

こういう見積系は詐欺だと思う方はいるかもしれませんが、実際のところ、お金は一切取ってないので詐欺ではないんですよ。

何はともあれ、僕はテレアポの営業電話を今後もガンガンしますが、その仕組みをわかってしまったため僕はもう引っかかりません(笑)

スポンサーリンク

[Total: 0    Average: 0/5]

コメント

タイトルとURLをコピーしました