人に指示を出すことの難しさ

スポンサーリンク


スポンサーリンク

ぱくたそ
に指示を出すことってありますか?

何か、リーダー的なことをやっていたり、そうでなくても何かを人に頼むことってありますよね?

そんなときに起こる難しさなどを今回は話していきます。

•なぜ難しいのか

1.自分の思った通りに動いてもらえない

自分の中でイメージしてることはあると思いますが、動くのは自分自身ではないので、自分の想像したのとは違うものになったり、違うことをしたりすることが多いです、

2.なかなか動き出してくれない

また、指示を出しても後回しにされてしまったり、あまり話を相手が聞いていなくて、すぐに動かないこともあります。

3.たまに反発される

めんどくさがられたり、自分でやれと言われたりするパターンですね。あと、こうした方がいいんじゃないかなど、意見を言ってくることもあるのですが、その意見が的外れな意見で、そこで議論してまた時間をかけてしまうパターンもあります。

•僕の失敗談

ぱくたそ

僕はサークルの部長を務めていて、そこで、ほかのメンバーに指示を出す場面が多いです。

話を聞いてくれないメンバーや、すぐに動かないメンバー、想像してたのとまったく違うことをやるメンバーなどいろんな人がいます。

今まで、そういう時は自分でやってしまえばすぐに終わるし、自分の思っている通りのものができるので、それでいいと思っておりましたが、

パーティー関連などでは、目上の人の接待などもあり、そうはいれませんでした。その時に、指示を出して人を動かす力が必要だと学びました。

•対策

1. 指示を多くて三つまでにする、一度にたくさん出さない

一度にたくさん指示を出されても、忘れてしまったりして処理を仕切れないからです。

2. 優先順位をつけて指示を出す

優先順位をつけないと、自分が先にやってほしい仕事などが後回しにされてしまう可能

性があるからです。

3. 実際にやって見せる

実際にやって見せることによって、相手によりイメージをさせやすくできます。これにより、思っているのと違うことをやるのを防げます。

4. なるべく短く正確に伝える

だらだらと長く話しても、相手は中途半端にしか理解してくれません。 再度質問されたりして余計な時間がかかります。

5. 理解できているのか確認する

作業などをどのようにやるのか復唱させてみましょう。また、その際に細かく説明させることによって、相手の理解度がわかりますし、相手の成長にもなります。

6. 5W2Hを使い具体的に説明する

いつ?どこで?誰と?なぜ?何を?どのように?いくつ必要? といった具合で順序立てて説明すると伝わりやすいです。

7. 目的と必要と必要性を考えさせる

指示を出す側と出される側ではこれが決定的に違います。 そこで、この二つを共有するために、相手に「この仕事についてはどう思う?」、「どういう意味があると思う?」などと質問して考えさせましょう。

スポンサーリンク

[Total: 0    Average: 0/5]

コメント

タイトルとURLをコピーしました