天気が悪いと気分が悪くなる理由

スポンサーリンク


スポンサーリンク

『ぱくたそ』

天気が悪くなると、関節が痛くなったり、季節の変わり目にめまいを感じたり様々な症状が出る方が、結構いると思います。

おそらくその方々は”気象病” という病気でしょう!

1.気象病の症状

2.原因

3.対策

1.気象病の症状

気象病(きしょうびょう、: meteoropathy[1])は、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古がうずく」といった天気痛のほか、メニエール病喘息めまい症うつ病頭痛腰痛肩こり神経痛関節炎リウマチ蕁麻疹吐き気など様々である。心臓発作脳卒中のきっかけになり、生命にかかわる場合もある。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/気象病


『ぱくたそ』

気象病とは最近認知されて来たばかりの病名です。

そのため、健常者からすると、ただ、だらしなくサボってるだけに見えてしまうかもしれないですね。

サボってるように見られるだけでも、精神的にくるものがありそうですね。

2.原因

原因はまだ100パーセント断定されているというわけではないですが、

気象病は気圧気温湿度変化に人体が対応できないとことが原因だと言われているそうです。

そのため、梅雨の時期などに発生する方が多い傾向にあるようです。

また、内耳など気圧を感じるセンサーからの信号により自律神経のバランスが交感神経優位となってしまい、それがストレス刺激となることにより、さまざまな疾患のメカニズムを惹起するという考えもあるそうです。

3.対策

『ぱくたそ』

普段からエアコンなどを使わず、外の気温に慣れておくことなどが重要だそうです。

また、規則正しい生活十分な睡眠なども大切だそうですよ!

規則正しい生活、十分な睡眠をとるためにどうするのか?

小学校に通ってたときのことを思い出して下さい。

「早寝、早起き、朝ごはん」そして、習慣的に適度な運動をすることです!

自分が気象病なんじゃないかと思った方は是非試してみてください!


スポンサーリンク

[Total: 0    Average: 0/5]

コメント

タイトルとURLをコピーしました